10歳若返るアーユルヴェーダとは何なのか?分かりやすく簡単にご説明します。

最近色々な方面で注目を浴びているアーユルヴェーダですが、実際にはどのような意味を持っているのか知らない人が多いようです。
アーユルヴェーダとは生命と科学という意味があり、古代の大昔から実際に行われてきた伝承医療のことなのです!
現代のように医療が進んでいない時代に病気の治療、若返り、強い心身を作るために行われていたアーユルヴェーダは、当然効果的な薬や手術などはないので自然治癒の力を最大限に発揮させることで、体の不調を改善し病気になりにくい体を作ります。
それを現代の若返りに取り入れているところが多いのでアーユルヴェーダという言葉を良く耳にするようになったのです。

アーユルヴェーダの考えでは体の不調は心の不調でもあるということで、体だけではなく心の毒も排出することでその後に行く施術の効果をより高めることができると言われています。
エステなどでもアーユルヴェーダを取り入れ、オイルマッサージなどで心身ともにバランスを保つことで、体の色々な不調を改善することができると言われています。
一般的なマッサージなどよりも体の不調を改善する目的で受ける人が多く、これを続けると体が元気になるだけではなく心まで気力がわいてくるので、精神的に落ち込みやすい人は対人関係に悩みがちな人などに効果があります。
アーユルヴェーダは単にマッサージとして行われていたわけではなく、医療として病気を治すことを目的行うことが多かったので、本当にこの昔ながらのアーユルヴェーダの考えや施術方法を受けることができるのであれば、今まで抱えてきたから不調を改善することができかもしれません。

また、心身のバランスが保たれると肌や髪の艶も良くなり10歳若返ると言われており、若返りを目的に受ける人も少なくありません。
病は気からなんて言葉が昔から日本にはありますが、このアーユルヴェーダにも通じるものがあるのではないでしょうか?
アーユルヴェーダを取り入れ若返りができるのであれば、見た目だけではなく心まで浄化できるので興味深いですね。