髪は水洗いのみでOK!?賛否両論別れる意見・・・

シャンプーや石鹸を一切使わないという洗髪方法が少し前に流行り、私の周りにも実践した人が何人もいます。
しかし、今は誰も続けていないところをみると、それほどの効果は得られなかったということでしょうか?
それとも逆に悪いことが起こったのか・・・

シャンプーには髪に悪影響を及ぼす成分がたくさん含まれていて、本来残すべき皮脂や菌までもすべて洗い流してしまうため、それが原因で抜け毛や薄毛、フケや白髪などのトラブルが起こると言われています。
シャンプーに含まれるシリコンが毛穴を詰まらせるとか、ノンシリコンや石鹸では皮脂を洗い流し過ぎるというデメリットがあり、それを改善することができるのが水のみで行う洗髪方法です。
正確には水ではなく38度から40度くらいのお湯で丁寧に洗うのですが、これだけで汚れの7.8割は落とせると言われています・・・って残りの2.3割は放置?
まあ、ほとんどきれいになっているのにそれに加えて洗浄力があるシャンプーなどを使うと洗いすぎってことでしょうね。

この洗髪方法は賛否両論別れるのですが、きっと体質や髪質によっても違いがあるので、合う人とそうじゃない人がいるってことでしょうね・・・
合う人にとっては髪を洗うのが楽になって節約にもなり、何よりも髪が健康になったという意見が多いようです。
ツヤが出てうねりや抜け毛などが減ったという意見も多いようで、シャンプーをしていたときはすぐに髪に臭いが付いたが、使わなくなると臭いが付きにくくなるという意見もあります。
合わないと言う人は、とにかく痒みやべた付きがひどいようで、そのまま外に出ることができないようです。
毎日スタイリング剤を使う人も多いので、シャンプーをしないという選択ができる髪型も限られるのかもしれません。
頭皮にひどいニキビができてお湯だけでシャンプーをするのに限界を感じたとか、フケがものすごくて恥ずかしいという話もあります。

このように、なぜシャンプーや石鹸が必要ないのか理解できても、実際にそれができる人は限られているのが現実のようです。